ENTRY
project story

イオンタウンを知る

イオングループの「AEON(イオン)」の由来は、ラテン語で「永遠」。お客さまへの貢献を永遠の使命とする国内外約300社の企業からなる日本最大の小売業グループです。
そんなイオングループの中で、近隣型ショッピングセンター(NSC: Neighborhood Shopping Center)事業を担っている「商業専業ディベロッパー」がイオンタウン。
私たちの真ん中にあるのはいつも“お客さま”。そのお客さまの大切な時間や空間、その街に住む一人ひとりを想い、心を豊かさを提供する、そして、お客さまや地域にとって欠かせない存在になる。
これこそが、私たちイオンタウンの仕事なのです。

私たちがつくるSC(ショッピングセンター)は、NSC: Neighborhood Shopping Center(近隣型ショッピングセンター)と言って、スーパーマーケットを中心とした同友店(イオングループで専門店のことを指す)で構成され、お買い物を楽しむだけでなく、コミュニティの場ともなる地域密着型SCです。
私たちはSCを通して生まれる「地域のふれあいや出会い」「心の通ったコミュニケーション」を大切にしています。NSCの「N」は「Neighborhood=近所」を意味しており、地域と共に生き、共に育っていくSCづくりを目指しています。

地域に根ざす!

イオンタウンが提供するSCは、それぞれの地域に根差し、まるで家族の一員のようなその街のコミュニティの場となっています。

SC出店数推移
出店都道府県数

(2019年1月現在)

会社と社員がともに成長!

営業収益、従業員数ともに安定していることもイオンタウンの魅力の一つ。
また、若手社員であってもSCすべての同友店の方とコミュニケーションをとりながら仕事をすることでやりがいを実感できます。

営業収益

(2018年2月現在)

従業員数

(2018年5月末現在)

一人に任されるテナント数

(当社最大SCの場合)

メリハリのある働き方!

社員がよりいきいきと働くことができるように、社宅制度などの暮らしの支援も万全です。
また、育児休業取得率は女性100%、男性の実績も増えており、産休後の復帰率は100%を達成しています。

社宅制度

(2019年1月現在)

産休後の復帰率

(2019年1月現在)

2018年8月、厚生労働省より
「くるみんマーク」を取得。育児休業に関する
一定の基準を満たしています。