文字サイズ

イオンタウンについて

代表からのメッセージ

「まちづくり」を通して、地域とのつながりを深め、地域社会の未来とお客さまの心豊かな暮らしを支えてまいります

 当社はイオングループの中でディベロッパー事業を担い、ショッピングセンター(SC)の開発・運営に携わっています。当社が主に展開するのは、NSC(Neighborhood Shopping Center)と呼ばれ、日常生活に必要な機能を揃えた近隣型SCを、日本全国に151(2022年5月31日現在)SC展開しています。

 新型コロナウイルスの長期化に伴い、これまでの常識が変わり、新しい価値観がますます複雑化して登場しています。また、環境に配慮した持続可能な開発の気運が加速度的に高まり、脱炭素社会や、SDGsの取り組みへの注目度も高まっています。お客さまのニーズやライフスタイルの変化に伴い、SCのありかたの見直し、デジタル化や環境対応の実現が急務となっていることを強く認識しています。

 2021年には、4SCを新規にオープン、1SCを増床オープン、4SCのリニューアルを行いました。徹底した防疫対策により、お客さまに安心してお買物をお楽しみいただける環境を整えることはもちろん、SC管理におけるロボット導入などオペレーションのDX化の推進や、PPAモデルを活用した太陽光発電の導入など、環境への取り組みも進めてまいりました。

 NSCには、日々の生活を安定的に支えるためのライフラインとしての役割だけでなく、心と体が健康になるための施設、地域社会の絆としての役割がますます求められていると考えております。環境活動・社会貢献活動に気軽に参加できる場や、密を避けた開放的なコミュニティの場としての役割を果たし、地域の皆さまを繋ぐ一助となれるよう努めております。

 各SCでは、地域の皆さまへ必要な物品とサービスをご提供するとともに、災害発生時等には、安全・安心に貢献する拠点としての機能を整備し、地域ライフラインとしての社会的責任を果たします。また、食、ヘルス&ウエルネス、コミュニティの要素を強化し、文化交流や行政機能をSC内でご提供するなど、お客さまのご要望にお応えできるSCを目指し、変化を続けてまいります。

 当社は、小売業発のディベロッパーとして、昨年9月に誕生から10年を迎えました。当社を支えてくださったお客さまをはじめとする全ての皆様へ感謝をお伝えするとともに、持続可能な未来へ向けた「地域の皆さまに愛されるイオンタウン」を目指し、今後も、お客さまの心豊かな暮らしを支えてまいります。

 お客さま、同友店様をはじめとするパートナー企業様、行政機関の方々には、今後ともご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
代表取締役社長 加藤 久誠