ENTRY

仕事を知る

イオンタウンをつくる仕事

NSCをつくりあげるには地域特性にしっかりと合ったコンセプトに基づいたまちづくりが求められます。
より地域に愛されるショッピングセンターを事業として成り立たせるため、立地調査からスタッフ部門にいたるまで一貫して手がけております。ここでは、その仕事内容をご紹介いたします。

NSCができるまで
〜ディベロッパー事業の流れ〜

立地調査
出展候補地の調査を行い、地域ごとに異なる人口構成や地理的条件をもとに、開発計画の立案を行います。地域自治体や行政機関、地域住民の皆さまよりヒアリングを行い、地域と一体となるための指針を決める重要な役割を担います。
企画・開発
立地調査で作り上げたコンセプトや各種情報をもとに、地域に合わせた具体的なSCコンセプトを立案します。マーケティングやリーシングなどの他部署との連携をとりながら、仕事を進めます。そのほか、用地取得交渉や契約交渉、行政上の手続き等にも関わります。
建設
企画・開発の段階で作成された企画書に基づいて、SCの建設設備全般に関する設計および建設管理を行います。お客さまが安心・安全・快適にショッピングを楽しめるよう、施設や設備を検討・立案します。また、工事全般の進捗確認も行います。
リーシング
市場調査データや地域ごとのライフスタイル、ニーズを見極め、地域の皆さまに喜ばれる同友店を誘致し、契約を進めます。SCに来店される地域のお客さまと、出店されている同友店をお客さまと考え、イオンタウンを含めた3者が満足できるようなリーシングを行います。
運営・管理
お客さまが安心して快適にショッピングできるようSC全体の運営を行います。集客のためのイベントの企画・運営から各同友店の販売促進・広報活動、施設の管理業務、さらに同友店および行政機関との交渉まで、多岐にわたります。業務遂行には、幅広い分野の情報収集が不可欠です。