EVENT

イベント

2021/06/06(日)~2021/06/06(日)

14:00-15:30

REPORT

「デザインを学ぶ読書会~キャリアを学ぼう~」無事終了!

イオンタウンふじみ野2F cotokoto

「デザインを学ぶ読書会~キャリアを学ぼう~」無事終了!
 2021年6月6日、イオンタウンふじみ野2Fのcotokotoリビングにて、毎月恒例「デザインを学ぶ読書会」6月回を開催いたしました!
 
 
 読書会でありながら、事前に本を読んでこなくても大丈夫!(実際、読んでこない参加者の方が大半です。笑)ということで、気軽に来られるのに学びが深いと大人気の企画です。
 
 
 今回も満員御礼8名での実施。うち2名の方は初めてのご参加で、イベントのタイトルを見て「ビビッ!」と来てすぐに申し込んだ、とのことでした。すごい行動力ですね!
 
 今回は「キャリアを学ぼう」をテーマに、黒田悠介さんの著書『ライフピボット~縦横無尽に未来を描く 人生100年時代の転身術~』(2021年、株式会社インプレス)を取り上げました。講師はおなじみ、京都芸術大学客員教授の酒井博基先生です。
「デザインを学ぶ読書会~キャリアを学ぼう~」無事終了!
 まずはテーマの「キャリア」について、隣の席の人同士で意味やイメージについてディスカッション。

 キャリアというと未来のこと・これからのことをイメージする方が多いご様子でしたが、実は酒井先生によると、「キャリア」の語源は、車などが通った跡を意味する「轍(わだち)」なのだそう。つまり、自分の未来を考えるうえで大事なのは、自分自身のこれまで歩んできた道、すなわち「自己理解だ」というのです。
 

 そのうえで本書が提案しているのが「ライフピボット」。それは、「過去の経験による蓄積を足場にして、着実に新しいキャリアへと一歩を踏み出す考え方」(本書p.10)だそうです。

 ピボットを本書では「転換」という意味で用いていますが、より具体的にイメージするために、バスケットボールの足の動きが例に出されました。片足を軸にして、もう片方の足で様々な方向にターンしていく、アレです。(言葉で説明しにくいので、ぜひ「バスケ ピボット」で検索してみてください…!)
 
 そのバスケの「ピボット」のように、これまで自分が蓄積してきたものを軸に、これからの未来を多様な形で広げて転換していく生き方がこれから必要とされるのでは、というのが本書の提案です。
 

 従来のキャリアがたびたび「レール」に例えられえてきたのとは対照的に、進む方向は1つだけでなく、なんらかの軸を元にいろいろと挑戦・発展させてみてもよい、という考え方。しかも、軸は1つである必要はなく、挑戦した先に新たな自分の軸を立てて、さらに挑戦するのも大いにありとのことです。なんだか、ワクワクしてきますね…!
「デザインを学ぶ読書会~キャリアを学ぼう~」無事終了!
 具体的に自分のライフピボットを考えるツールとして、「ハニカムマップ」(本書p.54~)というものが紹介されました。
 
 ハニカムって笑う(はにかむ)ってこと??と最初思ってしまったスタッフですが、“honeycomb”(蜂の巣、の意)のことでした。お恥ずかしい。
 
 よく見たら本の表紙のイラストがそのハニカムマップだったのですね。
 
「デザインを学ぶ読書会~キャリアを学ぼう~」無事終了!
 
 蜂の巣のように、六角形を組み合わせて、中央の六角形に自分の主なスキルを書き、そこから発展させて更なる可能性を書いていく、という手法です。

 とはいえ、そもそも自分のスキルってなに? 自信をもって「軸」と言えるものってなんだろう…と、悩んでしまう方も多いですよね。そこで先生から、「スキルというと堅苦しくなるから、『これまで自分が人から感謝されたこと』を思い浮かべてみてはどうか?」といった助言もありました。確かにこれなら考えやすそう!
 
「デザインを学ぶ読書会~キャリアを学ぼう~」無事終了!
 
 最後に、読書会中にも話題になった、かろやかな人生の転換(ピボット)を実現する「ライフピボットの公式」(本書p.52)をご紹介させてください。

ーーー 
 【蓄積】×【偶然】⇒転換(ピボット)
ーーー

 ここでいう蓄積とは、「価値を提供できるスキルセット」「人的ネットワーク」「経験に基づくリアルな自己理解」の3つ。

 さらにそれだけではなく「偶然」の力も必要で、それをもたらすには好奇心や持続性、楽観性、柔軟性、冒険心も大切だとのことです。

 そう考えると、今回ここに参加された方や、日ごろcotokotoに興味を持ってくださっている皆さんは、少なくとも好奇心や冒険心が高いと思われるので、ライフピボット力も実は高いのでは?!といった話で盛り上がりました。
 

 他にも本書の中には、これからを生きる上でヒントになりそうな視点が沢山。参加者からも、思わずこれまでの自分の人生を振り返るような感想も出てきて、お互い耳を傾けあいました。
 
===
 
 次回は7月の開催です。申し込みが開始したら、cotokotoのLINE@やHP、店頭にてお知らせいたしますので、ぜひお見逃しなく!!

【参加無料】デザインを学ぶ読書会 〜キャリアについて学ぼう〜

イオンタウンふじみ野2F cotokoto

【参加無料】デザインを学ぶ読書会 〜キャリアについて学ぼう〜
***座席数を減らし、少人数制で開催しております***

読書を通じてデザインを学ぶ読書会です。

 
 
【参加無料】デザインを学ぶ読書会 〜キャリアについて学ぼう〜
今回は、「キャリア」をテーマにした内容です。
参考図書は「ライフピボット」(著:黒田 悠介)
※参考図書はcotokotoでご覧いただけます
 
 
 
 
【参加無料】デザインを学ぶ読書会 〜キャリアについて学ぼう〜
(画像引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%94%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88-%E7%B8%A6%E6%A8%AA%E7%84%A1%E5%B0%BD%E3%81%AB%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%82%92%E6%8F%8F%E3%81%8F-%E4%BA%BA%E7%94%9F100%E5%B9%B4%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%BA%AB%E8%A1%93-%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E9%BB%92%E7%94%B0%E6%82%A0%E4%BB%8B/dp/429501088X)
 
変化の早い激動の時代にあっては、いくつもライフスタイルを転換(ピボット)しながら生きることが当たり前になりました。

そんな時代の中、いくつになっても自分らしい選択をし続けられるような考え方や行動指針を体系化した本書を通じて
「キャリア」について、今回の読書部では学んでいきます。
 
 ぜひご参加ください!
 
▼過去のイベントの様子はこちらから
1月開催レポート(コミュニティデザイン)
2月開催レポート(自己紹介)
3月開催レポート(言葉)
4月開催レポート(センス)
5月開催レポート(問題の発見)
 
<講師プロフィール>
 
【参加無料】デザインを学ぶ読書会 〜キャリアについて学ぼう〜
酒井 博基/京都芸術大学客員教授
1977年、和歌山県生まれ。
武蔵野美術大学大学院修士課程修了。
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科博士課程中退。
組織や地域の課題を解決する共創プロジェクトを多数手がけるクリエイティブファーム「D-LAND」代表。
代表するプロジェクトは「山手線 Ver.2020 by 東京感動線」「六本木未来会議」「中央線高架下プロジェクト(コミュニティステーション東小金井)」「LUMINE CLASSROOM」など。
2016年グッドデザイン特別賞[地域づくり]をはじめ、受賞歴多数。
https://www.d-land.jp/
 
***

<概要>
・開催日時:2021年6月6日(日)14:00〜15:30 
・会場:イオンタウンふじみ野2F cotokoto
・参加費:無料
・定員:8名 ※先着順
・対象:高校生以上対象

▼ご予約はこちらから受け付けています
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/025h4cmzxdp11.html
 
※ご参加の方は、感染症対策へのご協力をお願いいたします。
・発熱、咳、のどの痛みなど体調のすぐれない方は参加をご遠慮ください。  
・ご入店の際に、検温とアルコールによる手指消毒をお願いします。
・特別なご事情がない限り、マスクの着用をお願いいたします。
・ほかの参加者様やスタッフとの適切な距離感を取っていただくようお願いいたします。
※イベントの様子を写真・動画で記録し、cotokotoのwebサイトやSNSで使わせていただく可能性がございます。ご了承いただけますと幸いです。
 
ページの先頭へ移動